« 高齢者への傾聴ボランティア | Main | 産業カウンセラー試験 模擬試験 (ヤマとも言う) »

2009.12.15

オルタナティヴな生き方

今年もいつの間にか12月になりました。

先日恒例の、関西臨床動作学研究会のワークショップに参加すべく、京都に行ってまいりました。
昨年もそうでしたが、天気の良い日和で、結構気温が上がり、暑さを覚えるほどでした。そんなこともあり、自然と時の移ろいというか、行く年の出来事に思いをはせていました。

今年は、自律神経を病んだ自分があり、臨床動作法に本格的に取り組み始め、民間会社に就職し、そして退職し、「育て上げネット」の契約カウンセラーとなり、傾聴ボランティアを自ら始めることとなり、産業カウンセラー協会東京支部の一員として働くこととなり・・・そして元の職場にも無事復帰。

セラピストとサラリーマン。その2つの顔が確立したように思います。

時間的に厳しいですが、本人としては、実に居心地の良い毎日です。特に、臨床心理士の仲間と過ごす時間はとても刺激的です。自分よりも二周りも年下の女子学生から、学問的質問など迫られるのがなんともいえません。学問の世界に身をおき、年齢や性別が違ってもひとしく学問の虜なのだと。

だから、学問の虜と生活の虜、ともいえる自分。
生活は、なんと言っても子供の受験です。大変です。お金も神経も。

カウンセラーでもどうにもならない自分の子供の接し方。格闘の日々です。


« 高齢者への傾聴ボランティア | Main | 産業カウンセラー試験 模擬試験 (ヤマとも言う) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12448/47028913

Listed below are links to weblogs that reference オルタナティヴな生き方:

« 高齢者への傾聴ボランティア | Main | 産業カウンセラー試験 模擬試験 (ヤマとも言う) »