« 初めてのワークショップ | Main | 高齢者への傾聴ボランティア »

2009.02.16

誕生日に足のサイズのはなし

2/16は年に一度しかない、お偉い方の誕生日です。
そんなお偉い方と同じ日付けに生まれたおいらはなんとも、尾偉い方とはぜんぜん違うステージで、これまた違う方向で生きています。

42歳の僕は・・・変わりました。
何が一番変わったか、というと、靴のサイズが26センチ→26.5センチを選べるようになりました。

なんじゃあそれ、おもしろくないって?いえいえ、多分すごーく意味があるんですよ。

僕は、親に日ごろ「足のサイズは26センチがいい。たいていの靴下は、24センチ~26センチだ。お前は足がでかいが、26センチまでならいい」といわれ続けました。

おかげで、26センチの靴を履き続けたのですが、私の素足を見たことがある人は分かるかもですが、ひどく外反母趾で歪んでいます。

親からの呪縛が解けたのは、一体なんだったのか分かりません。ひょっとすると、息子の足が、あっと今に26.5センチになったせいかも分かりません。

すると「なんだ26.5センチでもいいんジャン」ということになり、自分も、苦しくない靴を選ぶと、26.5センチになりました。

だとすると、息子に感謝かもしれません。中学生の頃から、20年間26センチの空間に押し込めらた僕の足は、最近のびのびとちょうどいい広さの26.5センチの空間で安らいでいます。

仕事に向き合い辞める方向で決心したのも、そのせいかも知れません。

来週は、某代議士のパーティにも行ってきます。別に自分が議員になるわけではないですが、それこそ、何年も誘われていたパーティです。「公務員という職制」をたてにやんわりとお断りしてきたのですが。

臨床心理のほうへ、大きく舵を取ったのもこの1年でした。臨床心理士や、精神科のドクターも、なんだ会ってみれば全然善い人ばかりジャン。

書き出したらたくさんネタがありますが、26センチから0.5センチ成長した僕でした。


« 初めてのワークショップ | Main | 高齢者への傾聴ボランティア »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12448/44086830

Listed below are links to weblogs that reference 誕生日に足のサイズのはなし:

» 外反母趾 [外反母趾]
外反母趾に関する基本的な情報です。 [Read More]

Tracked on 2009.02.23 at 11:26 AM

« 初めてのワークショップ | Main | 高齢者への傾聴ボランティア »