« 産業カウンセリングを考える2 | Main | 悪意か敵意か »

2007.04.17

産業カウンセリングを考える3

カウンセリングの教科書を紐解けば、必ずカウンセラーには倫理が求められるとしている。それはいうまでもなく、クライエントと二人、密室において、心の問題に深く立ち入ることになり、時には誰にもいえないような秘密について知ることになり、また、語り合うことになりもなる。それはまた、そのクライエントの人生を左右すること場合も多々あるだろう。そのような立場に置かれるカウンセラーが、非常識で非正義な人物だったり、非常識、あるいは不当な行為に及ぶことはあってはならないのは当然である。

そうした倫理的なカウンセラーを形作るものはいったいなんだろうか。
私は、ここでもそれは、倫理、あるいは社会正義というものを具現化したものである法令であろうと思う。

いや、カウンセリングとはクライエントの自己決定=自己責任だよ。という反論もあるだろう。しかしそれはカウンセリングの原理を言っているものの、実利を語ってはいない。すなわち、少なくとも、カウンセリングの結果が生み出した結末なら、カウンセラーとて当事者には違いない。つまり、カウンセリングの結果が招いた事態には、カウンセラーの影響は少なからずあるはずだ。

となれば、カウンセリングで扱うべき問題・領域といったものが明確でないと、カウンセラーの守備範囲は無限に広がってしまいかねない。

そこで、カウンセラーの立場を守り、カウンセリング活動を続けていくためにも、カウンセラーが立脚する確固たる基盤は必要だろうと思う。それを倫理だけに求めるのは心もとない。やはり、もう一歩すすんで、法令にその立場を置くのがよかろうと思う。

すなわち、一定の規定を設けていないと、カウンセラーはいつ訴えられるかビクビクしなければならないし、クライエントもどこまでカウンセラーを信用してよいやら見当がつかない。そこで持ち出すべきは、カウンセリングの枠組み、土壌、であり、それは國分先生は学説や理論だろうと主張されているのだろうが、私としては、社会正義、すなわち法令であろうと考えるのだ。

カウンセリングとは、個人の幸福を追求するものであるが、それは必ずしも、社会的に認められるかどうか難しい場合もあるだろう。個人の思いにフォーカスするのはいいが、現実の社会的手続きをいかにするのかそれがおろそかになれば、現実生きていくのが難しくなる、ということもあるだろう。実社会とのコミットというアプローチはより現実的な課題になるはずである。そして、実社会で生きること、それはすなわち、学童期の者を除けば、就業生活が最も大きなくくりとなるのではないだろうか。

就業生活に軸足をおきつつ、社会的現実に関して情報と知識を身に着けている。
それは例えば、職場相談室におけるカウンセリングならば、仕事がきつくてしんどい、との訴えに対し、よく話を聴き、心を開いていく、その過程では、家庭の問題に至る場合もあるだろうし、セクシャルハラスメントや精神疾患等の問題にいたる場合もあるだろう。そのとき産業カウンセラーは、民法、労働法の適用関係、あるいは、保険給付、休業補償等の措置があることを知っておくべきであろう。

総括すると、産業カウンセラーのアイデンティティは、カウンセリングにかかわる諸科学の分野の知識はもとより、実社会に即応した知識や技能を身に着けていること。行動規範として法令にのっとりそれを行うこととしていること。であろうと考えている。

なお、今回のコラムは、國分先生の発言に刺激を得て起こしたものであるが、なにぶん思いつきの文章であるとともに、恥ずかしながら不勉強のことも多いので、いずれ加筆修正を加えて、確固たる論文に仕上げたいと思っている。


« 産業カウンセリングを考える2 | Main | 悪意か敵意か »

Comments

興味深く拝読いたしました。
産業カウンセラーのアイデンティティはもとよりカウンセラーというものの「存在理由」が今の日本ではまだ確立されていない、発展途上であるように思えます。
カウンセラーやカウンセリングに関わる諸団体の側から言わせれば、「存在理由」ははっきりしていると言うかもしれないけれど、社会の認知という視点からは、「はっきり」とか「確固とした」アイデンティティは、ぼやけて見えるくらいでしょう。
今回の記事で一番興味深かったのは、社会の視点の側から自分たちカウンセラーの存在意義をどのように明確にしていけばよいのか、という論点でした。
是非論文に仕上げて発表してください。
心待ちにしております。

Posted by: hiko | 2007.04.19 at 08:50 PM

Today, while I was at work, my sister stole my iphone and tested to see if it can survive a 25 foot drop, just so she can be a youtube sensation. My apple ipad is now broken and she has 83 views. I know this is completely off topic but I had to share it with someone!

Posted by: www.orf.at | 2015.10.23 at 04:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12448/14713889

Listed below are links to weblogs that reference 産業カウンセリングを考える3:

» 色がもたらす効果とは [癒し研究所]
癒しをテーマにブログをやっております。hiro423と申します。TB不愉快でしたら申し訳ないです… 削除の方お願いします。前回、色には何か影響を与える力がある  と信じているといい 赤パン健康法等の例を出して 話をしたのですが、 なんとなく提案するのではなく 【色に寄る影響】 【どういう性格の方がこの色を選ぶ傾向にあるのか?】 しっかりと知っておきたいと思い ある本を買ってしまいました^^ ... [Read More]

Tracked on 2007.04.17 at 08:00 PM

« 産業カウンセリングを考える2 | Main | 悪意か敵意か »